ホーム>芸術文化団体の詳細

芸術文化団体(個人)

> 芸術文化団体一覧へ

高橋 幸江

氏名 高橋 幸江
ジャンル ヴァイオリン
連絡先
その他 コンサートシリーズ「日本の心と魂」「J.S.バッハ 大作〝無伴奏ヴァイオリンの為のソナタとパルティータ″を弾く」、「二人の芸術家によるデュオコンサート」を始めとするコンサート活動や、高橋幸江ヴァイオリン教室での活動を主とする。
詳細情報 東京音楽大学卒業。 学生時代に第26回栃木県学生音楽コンクール第1位。第6回日本演奏家コンクール第1位。 第1回レガシィ・ヴァイオリンコンクール第1位、併せてヤマハ賞、審査員特別賞受賞。 2003年、2004年浦川宜也ヴァイオリンセミナーに参加。2007年東京音楽大学より短期留学奨学金を得て、 ザルツブルグ・モーツァルテウム国際サマーアカデミーに参加、Igor Ozimに師事。 2006/2008年音楽集団グルッポムジチーニ主催オーケストラに参加、「フィガロの結婚」「ラ・ボエーム」等を演奏、 好評を博す。2009年フリーのヴァイオリニストとして活動を開始、ソロ、室内楽、オーケストラ等で演奏する傍ら、ブライダルやセレモニー奏者としても働く。2011年栃木市に高橋幸江ヴァイオリン教室開室。 2014年MCFオーケストラとちぎに入団。2015年10月「バッハ/シャコンヌ」等を収録した1stアルバム「ゆきえ」を発売。2015年12月よりコンサートシリーズ「日本の心と魂」を、 2016年1月よりコンサートシリーズ【J.S.バッハ 大作「無伴奏ヴァイオリンの為のソナタとパルティータ 」を弾く】を開始。2016年3月には「日本の心と魂」を受けて、日本に古くから受け継がれてきた音楽について、 音楽の生まれた背景にある歴史や文化を学び、演奏して親しむ「日本の音楽を深める会」を始める。 また、「二人の芸術家によるデュオコンサート」を開始。 2016年5月、百合ヶ丘(神奈川県川崎市麻生区)にもヴァイオリン教室を開室。現在、栃木県・神奈川県の二か所で演奏活動および後進の指導に当たっている。
これまでにヴァイオリンを阿久津雅志、尾花輝代充、松原勝也、井上将興各氏に師事。 室内楽を横山俊朗、中村静香、大谷康子、齋藤真知亜各氏に師事。