TOP » 辻端 幹彦 様

辻端 幹彦 様

アーティスト名辻端 幹彦
団体・個人個人
ジャンル音楽
音楽サブジャンル歌(合唱・声楽含む)
プロフィール

福井大学教育学部音楽科卒業。在学中は福井大学グリーンエコー合唱団・学生指揮者。指揮法を故辻正行・故佐々金治・F.ブルッカー、声楽を辻秀幸・故E.ヘフリガー各氏に師事。川崎新人演奏会オーディション合格。川崎ふるさとオペラ「宝蓑」息子役でオペラデビュー。
2000年、2002年、岡村喬生プロデュース「魔笛」タミーノで好評を博す。
「ボエーム」「カルメン」「トスカ」「ジャンニスキッキ」「後宮からの誘拐」「夕鶴」他で主役を演じる。
ラフマニノフ「晩祷」他モーツァルト・バッハの宗教曲、第九、メサイヤ等のソロでも好評を博す。
2009年、オーケストラアンサンブル佐野&佐野市民合唱団Voiceとともにモーツァルト「戴冠ミサ」を指揮。2010年、ウィーンコンツェルヴァトリウムにて研鑽を積む。同年6月、シューベルトブント演奏会に招かれ、「アンサンブル・ムサシ」を率いて、ウィーン・シューベルト生家博物館にて指揮を執る。
現在、2団体の「第九」指導の他、7団体の合唱指揮者。あさお芸術のまちコンサート副委員長、東京シティオペラ会員、川崎市民オペラ会員、東京トロイカ合唱団員、プロ声楽アンサンブル「東京モーツァルト連」代表。

活動内容
オペラ、コンサートに出演のかたわら、神奈川・東京多摩地区を中心にコーラス、声楽を指導。編曲、コンサートの企画にも携わる。
「東京モーツァルト連」ミサ全曲演奏会(達成率95%)18回の演奏会、学校の音楽鑑賞教室。「アンサンブル・ミレー」(ヴァイオリン、フルート、ピアノ、ソプラノ、テノール)のユニット。「東京トロイカ合唱団」ラフマニノフ「晩祷」全曲演奏会。ソリスト「アンサンブル・アマデウス」プロ・アマによるモーツァルトのアンサンブル

ホームページ

その他

この方に問い合わせる

情報を変更する

新百合ヶ丘周辺で活動されている団体(個人)の方へ

本サイトに掲載ご希望の方は、下記ボタンをクリックして入力フォームより登録の申請ができます。

サイトの使い方はこちら

アーティスト登録

検索はこちら

ページTOP