ホーム> 舞台・演劇イベント>しんゆりシアター「桜の園」四幕の喜劇

しんゆりシアター「桜の園」四幕の喜劇

チケット購入など開催における問い合せは、主催者にお願いします。

しんゆりシアター「桜の園」四幕の喜劇の画像
しんゆりシアター「桜の園」四幕の喜劇
2020年11月28日(土) ~ 2020年12月6日(日)
時間18:30/14:00(日によって異なる)
川崎市アートセンター
0449550107
ジャンル 舞台・演劇
しんゆりシアター「桜の園」四幕の喜劇の画像

410KB

開催日 2020年11月28日(土) ~ 2020年12月6日(日)
時間18:30/14:00(日によって異なる)
会場 川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
料金 一般 4,000円/学生 2,500円(全席指定・税込)
主催(問合せ先) 川崎市アートセンター
電話 0449550107
E-Mailtheatre@kawasaki-ac.jp
ホームページhttps://kawasaki-ac.jp/th/theater/detail.php?id=000383
詳細情報

人間はこんなにも哀しく、滑稽なものなのか……
チェーホフ最晩年の名作がしんゆりシアターに登場!

19世紀末の農奴解放令後のロシア。
長く外国に滞在していた女主人ラネーフスカヤが生まれ故郷に帰ってきた。
兄のガーエフ、娘のアーニャや養女ワーリャ、そして召使い達は彼女を喜び迎えるが、屋敷の財政は火の車。領地は抵当に入れられていて、利子を払う事もままならない。元農奴で、今はやり手の商人であるロパーヒンは、かつての主家を救おうと、領地を別荘地として売り出すことを提案するが、ラネーフスカヤとガーエフは現実に向き合うことができず、浪費を繰り返すばかり・・・。
家庭教師シャルロッタ、大学生トロフィーモフ、ご近所の領主も交え、渦巻いていく人間模様。
ついに領地〈桜の園〉が競売にかけられる日がやってくる……。

アントン・チェーホフの生涯最後の戯曲『桜の園』は、1904年にモスクワ芸術座で初演、日本では1915年に初演され、世界中で繰り返し上演されてきました。華やかな過去にしがみつく貴族たちと、未来を夢見る新しい世代の人々が繰り広げる「四幕の喜劇」。安達紀子による新訳でお届けします。
ご期待ください。

<公演日程>
11月
28日(土)18:30
29日(日)14:00
30日(月)休演

12月
1日(火)14:00
2日(水)14:00
3日(木)18:30
4日(金)18:30
5日(土)14:00
6日(日)14:00

※本公演を、より多くのお客様にお楽しみいただきたく、12月5日(土)14:00の回を通常上演に加え、LIVE配信を予定しております。
詳細は今しばらくおまちください。

会場案内地図

神奈川県川崎市麻生区万福寺6丁目7−1
【イベント情報掲載の方法】
イベント情報掲載ご希望の方は、後援申請をしてください。

ページTOP