ホーム> 舞台・演劇イベント>しんゆりシアター 劇団わが町 第10 回公演 『グスコーブドリの伝記』

しんゆりシアター 劇団わが町 第10 回公演 『グスコーブドリの伝記』

チケット購入など開催における問い合せは、主催者にお願いします。

しんゆりシアター 劇団わが町 第10 回公演 『グスコーブドリの伝記』の画像
しんゆりシアター 劇団わが町 第10 回公演 『グスコーブドリの伝記』
2021年2月5日(金) ~ 2021年2月7日(日)
時間2月5日(金)19:00開演/6日(土)13:00開演・18:00開演/7日(日)12:00開演・17:00開演
川崎市アートセンター
0449550107
ジャンル 舞台・演劇
しんゆりシアター 劇団わが町 第10 回公演 『グスコーブドリの伝記』の画像

25KB

開催日 2021年2月5日(金) ~ 2021年2月7日(日)
時間2月5日(金)19:00開演/6日(土)13:00開演・18:00開演/7日(日)12:00開演・17:00開演
会場 川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
料金 一般2,700円 学生2,200円 小学生500円(全席指定・税込) <発売日> 2021年1月6日(水)
主催(問合せ先) 川崎市アートセンター
電話 0449550107
E-Mailtheatre@kawasaki-ac.jp
ホームページhttps://kawasaki-ac.jp/th/theater/detail.php?id=000389
詳細情報

「わが町今度なにやるの?」→「グスコーブドリの伝記。賢治が4人も出るよ。」→「え?何それ。それってどういう意味?」→「観に来ればわかるよ。」

『グスコーブドリの伝記』は、宮沢賢治作品の中で一番つまらない、と言った評論家がいます。その人に言わせると、あれほど珠玉のような言葉を紡ぎ、見事なファンタジーを繰り広げた作家が、この作品でだけはそうなっていない、と言うのです。しかし私は、うち続く冷害と干ばつに打ちのめされて、言葉を紡ぐゆとりも、ファンタジーを夢見るゆとりも失った、できそこないの農業教師としての賢治さんは、こう書かざるを得なかったのだと思います。父親からは「でくのぼう」と言われ、自分でも「でくのぼう」と称していた賢治さんが、血を吐く思いで、ギリギリのところで書いた作品だったのでしょう。
 一九八二年の劇団えるむ初演の頃、劇中の賢治さんは一人でした。三十九年後の劇団わが町上演版は、劇中の賢治さんは四人になっています。作品を読み直せば読み直すほど、賢治さんについて調べれば調べるほど、一人ではおさまらなくなったのです。ということは、賢治さん、あなたは「でくのぼう」なんかじゃなく、四人分の(ひょっとするともっと多くの)人生を生きた巨大な人だったのではないでしょうか。
                                ふじたあさや

会場案内地図

神奈川県川崎市麻生区万福寺6丁目7−1
【イベント情報掲載の方法】
イベント情報掲載ご希望の方は、後援申請をしてください。

ページTOP